利用情報を登録・設定する

対象デバイス

SD4-LTE

TS299L

BU-SV750LTE

STZ-DR10

 

1-3-1.png

デバイスから取得した走行データに、車両/ユーザーの利用実績を紐付けるための利用情報を登録します。
システムの仕組み上、各ユーザーごとにアカウントを作成します。
お客様の運用にあわせて「アカウント情報の通知なし」「ログイン不可にする」などの制御ができます。

 

ユーザーを登録する

ユーザー登録の操作手順を確認する

ユーザー登録時の必須項目は、4つです。
登録人数が多い場合は、一括登録シートをご利用ください。
( 一括登録シート:user_import_manual.xlsx

項目 備考

必須 ユーザー名

  • 入力規則:なし
  • 文字数:1〜20文字以内
必須 ユーザーID
  • 入力規則:半角英数/-/_ いずれか
  • 文字数:4〜20文字以内
  • 同一IDは登録不可
必須 メールアドレス
  • 入力規則:メールアドレス形式
  • 同一メールアドレスは登録不可
    • メールアドレスがない、ログイン情報を通知したくない場合
      仮メールアドレスとして下記をご利用ください。
      ***の部分は、任意の情報に変更してください。
      ***@customer.smartdrive.jp
      メールの送受信、及び通知機能はご利用いただけません。
必須 パスワード
  • 入力規則:半角英数いずれか
  • 文字数:8〜20文字以内

 

車両を登録する

車両登録の操作手順を確認する

車両登録時の必須項目は、1つです。
登録台数が多い場合は、一括登録シートをご利用ください。
( 一括登録シート:vehicle_import_manual.xlsx

項目 備考
必須 車両名
  • 入力規則:なし
  • 文字数:1〜20文字以内

 

デバイスに利用情報を設定する

デバイス設定の操作手順を確認する

Point

各デバイス対して利用者情報(上記で登録した車両/ユーザー)を設定します。デバイスから取得した走行データに、設定された利用情報を紐付けることができます。

「専用」になる利用情報を設定をしましょう。「複数台/複数人」は、利用情報の設定は不要です。
利用情報は、運用方法(利用情報の紐付け)を検討するで説明をします。

利用方法 デバイス 車両 ユーザー
車両1台に対してユーザー1人が利用する 車に固定
専用 専用
車両1台に対してユーザー複数人が利用する 車に固定 専用 複数人
デバイス1台に対して、ユーザー1人が持ち運ぶ 走行時に装着 複数台 専用
デバイス台数よりも車両、ユーザーの数が多い 走行時に装着 複数台 複数人

 

FAQ

登録前に、車両にデバイスを装着したらどうなりますか?
マスター情報の登録前に、車両にデバイスを装着しても問題ありません。
ただし、デバイスから取得したデータは、利用情報が設定されていないため「未設定」の状態です。
ドライバーはログインしない利用ですが、ユーザー登録をしないといけないのでしょうか?
走行データを管理するために、ドライバーの登録は必須になります。
ログイン情報を通知したくない場合は、ユーザー登録時にダミーアドレス使用して登録してください。
ダミーアドレス:[任意入力@customer.smartdrive.jp]

また、PC管理画面下記の?ボタンからも確認できます。
1-3-2.png

ログイン情報は、編集できますか?
作成後は、ユーザーが自身の[アカウント設定]から変更できます。
・ユーザー名:変更可
・ログインID:不可
・メールアドレス:変更可
・パスワード:変更可

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています