【設定事例】オプションレポートをスケジュール配信する

対象デバイス

SD4-LTE

TS299L

BU-SV750LTE

STZ-DR10

概要

スケジュール配信の設定方法について事例をご紹介します。
配信設定時によく利用する項目は下記の4つです。

  • [設定]>リカレンス:繰り返しの起点日
  • [設定]>メールアドレス:配信先を指定
  • [Filter]>期間:表示するデータの範囲を指定
  • [Filter]>集計単位:推移グラフや比較がある場合のデータ単位を指定
  • [Filter]>ユーザーグループ/ユーザー名など:グループまたは個人名を指定

それ以外の[Filter]項目は、判定のしきい値や、表示条件をカスタマイズしたいときに利用します。23/23-16-7.png

管理者向け設定

月初に3ヶ月間の月間推移を配信したい
  • 12月1日配信は、直近の9月〜11月の3ヶ月間/月単位の集計結果
設定
リカレンス 毎月|1st|10:00
宛先 管理者のメールアドレス
Filter 期間 が直近である|3終了した月
集計単位 が次である|
月初に先月の結果を配信したい
  • 12月1日配信は、直近の11月の1ヶ月間/週単位の集計結果
設定
リカレンス 毎月|1st|10:00
宛先 管理者のメールアドレス
Filter 期間 が直近である|1終了した月
集計単位 が次である|
毎週月曜日に先週分の結果を配信したい
  • 12月6日(月)配信は、直近の11月29日(月)〜12月5日(日)の集計結果
    ※期間/集計単位の週は、月曜日が起点
設定
リカレンス 毎週|月|10:00
宛先 管理者のメールアドレス
Filter 期間 が直近である|1終了した週
集計単位 が次である|
毎週月曜日に当月分(積上げ)の進捗状況を配信したい
  • 12月6日(月)配信は、当月の12月1日(水)〜12月5日(日)の集計結果
  • 12月13日(月)配信は、当月の12月1日(水)〜12月12日(日)の集計結果
設定
リカレンス 毎週|月|10:00
宛先 管理者のメールアドレス
Filter 期間 が直近である|1
集計単位 が次である|

 

拠点長・メンバー向け設定

注意

グループやユーザーに情報を絞って配信したいときは、一つずつスケジュール設定を作成します。スケジュール定期配信は50パターンの設定が上限となります。(50パターン以上の設定の場合は別途料金追加が必要となります。)

拠点長向け:月初に3ヶ月間の月間推移を配信したい
  • 12月1日配信は、直近の9月〜11月の3ヶ月間/月単位の集計結果
  • 拠点長には、支店のデータだけ表示された状態

2拠点の場合は、2つスケジュール設定を作成
※[Filter]でグループを選択できるレポートが対象

設定

リカレンス 毎月|1st|10:00
宛先 東京支店の拠点長のメールアドレス
Filter

期間 が直近である|3終了した月
集計単位 が次である|
ユーザーグループ 東京支店
設定

リカレンス 毎月|1st|10:00
宛先 大阪支店の拠点長のメールアドレス
Filter

期間 が直近である|3終了した月
集計単位 が次である|
ユーザーグループ 大阪支店
メンバー向け:毎週月曜日に先週の結果を配信したい
  • 12月1日配信は、週単位の集計結果
  • メンバーには、自分のデータだけ表示された状態

2名のときは、2つスケジュール設定を作成
※[Filter]でユーザー名を選択できるレポートが対象

設定

リカレンス 毎週|1st|10:00
宛先 山田さんメールアドレ,山田さんの拠点長のメールアドレレス
Filter

期間 が直近である|1|終了した週
集計単位 が次である|週
ユーザー名 山田さん
設定

リカレンス 毎週|1st|10:00
宛先 田中さんメールアドレ,田中さんの拠点長のメールアドレレス
Filter

期間 が直近である|1|終了した週
集計単位 が次である|週
ユーザーグループ 田中さん

 

Point

[高度なオプション]
PDF形式のレポートデータにすべての行を表示したいときは、下記の設定を追加してください。

1.  [表を展開してすべての行を表示する]にチェックします。
2.  用紙サイズを任意で設定します。
23/23-15-5.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています