製品保証(TS299L)

対象プラン

TS299L

■物損付延長保証サービス規程

「物損付延長保証サービス」規程(以下「本規程」といいます)は、株式会社スマートドライブ(以下「当社」といいます)が「物損付延長保証サービス」(以下「本保証サービス」といいます)の対象とする新品の製品であり、かつ本保証サービスの利用登録がされた製品(以下「本製品」といいます)につきまして、本保証サービスの有効期間(第3条に定める期間をいいます)中に第1条に定める故障および事故が発生した場合、メーカー保証書に記載されている内容および以下の条項に基づいて、無料修理サービス(交換サービスを含む)が提供される条件等を定めるものです。また、修理の際に発生する片道の送料は当社の負担としますが、修理依頼にかかる送料及び梱包費用等は、本保証サービスの利用登録者(以下「利用登録者」といいます)が負担するものします。

第1条(本保証サービスの対象となる故障および事故)

本保証サービスは、本製品の取扱説明書および本体貼り付けラベル等の注意書きに従った正常な使用状態で本製品に故障が生じた場合(以下「自然故障」といいます)および本製品に破損、落下、水濡れ、火災、落雷、雪害、風災等の事故が発生した場合(以下「物損故障」といいます)を対象とします。

第2条(本保証サービスの有効期間)

  1. 自然故障に関する本保証サービスが効力を有する期間は、メーカー保証期間終了日の翌日に始まり、当社と利用登録者間におけるサービス利用契約(本製品を利用して当社から利用登録者に提供する「SmartDrive Fleet」の利用に係るサービス契約をいい、以下同様とします)の終了と同時、または、メーカー保証開始日を起算日とした3年後の応当日の前日のいずれかのうち、早く到来する日に終了するものとします。また、メーカー保証期間中に初期不良等で当社または対象製品購入店舗より代替品が提供された場合でも、本保証サービス期間は変更されないものとします。
  2. 物損故障に関する本保証サービスが効力を有する期間は、メーカー保証開始日に始まり、サービス利用契約の終了と同時、または、メーカー保証開始日を起算日とした3年後の応当日の前日のいずれかのうち、早く到来する日に終了します。
  3. 本保証サービスの利用回数は、メーカー保証開始日を基準とした年間2回までとします。

第3条(修理の依頼)

  1. 本保証サービスの有効の期間中に自然故障および物損故障が生じた場合、利用登録者は下記連絡先に連絡を行うことで修理を依頼することができるものとします。
    [株式会社スマートドライブ サポート窓口:03-4405-0508]
  2. 物損故障の場合、利用登録者は5,000円(税込)を当社に支払うことで本保証サービスを利用することができます。また、支払にかかる振込手数料等は利用登録者が負担するものとします。なお、当社は利用登録者に対し故障した本製品の写真の提出を求めることができるものとし、火災に起因する物損故障の場合には、当社は利用登録者に対し罹災証明書(原本)の提出を求めるものとします。

第4条(報告義務)

  1. 利用登録者は、次の場合は速やか前条第1項に記載の連絡先に連絡しなければなりません。
    • 本保証サービスの有効期間中に、利用登録者の名称(氏名)または所在地(住所)・電話番号・メールアドレス等の利用登録者情報に変更があった場合。
    • 本製品に対する代替品が対象製品購入店舗より提供された場合。
  2. 前項に関する連絡を怠った場合、本保証サービスの有効期間中であっても、本保証サービスの対象とならない場合があるものとします。

第5条(保証限度額)

本保証サービスの保証限度額は、本製品の購入金額(税込)とし、当社は、保証限度額の範囲内で本保証サービスの提供を行うものとします。

第6条(代替品)

  1. 1回の修理の費用の見積額が保証限度額を超過する場合や修理が不可能な場合は、保証限度額を上限として当社が指定する同機種または、同等品を代替品として提供することをもって修理に代えるものとします。
  2. 代替品の提供にあたり、利用登録者は当社に対して機種、品名その他の指定を行うことはできないものとします。また、代替品提供の際にかかる送料等の必要な費用は、当社の負担とします。

第7条(本保証サービスの対象外となる事由)

次の場合は本保証サービスの有効期間中であっても本保証サービスの対象外とします。

  • 第3条の手続き以外で本製品の修理を依頼された場合。
  • 利用登録者証の情報と連絡先および修理依頼製品に相違がある場合。
  • 本製品を譲渡(本製品の購入者が利用登録者を指定してプレゼントとして購入しているものを除く)または販売し、所有者および使用者が変更になった場合。
  • 本製品の部品交換を伴わない調整および手直し修理(清掃、リカバリー、設定等)の範囲に該当する場合。
  • 故障の原因が、本製品本体以外の電源等の箇所にある場合。
  • 取扱説明書等において説明されている通常の取付方法から逸脱した取付けに起因して本製品に不具合が生じた場合。
  • 通常使用に支障の無い部分で経年劣化の範囲に該当する場合。
  • 当社が想定していない過酷な条件下(高温度、高湿度等)での使用や通常の使用方法から著しく逸脱した使用によって本製品に故障、傷、錆、カビ等が生じた場合。
  • 直接的、間接的に関わらず、次に掲げる事由によって生じた本製品の故障または損傷。
  • 管理の不備、不適切な修理、増設または改造行為等によって生じた本製品の故障、傷、錆、カビ等。
  • 増設機器、周辺機器、ソフトウェアとの相性による動作の不具合。
  • 本製品のマニュアルおよび当社ウェブサイト(そのURLが「 https://smartdrive.co.jp 」であるウェブサイトおよび当社が別途指定するウェブサイト(理由の如何を問わず本ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含む)の総称)で公開している使用上の注意事項等(名称の如何を問わず、当社が本製品の利用者登録者に対して提示している本製品の利用にかかる説明事項)に違反して生じた本製品の故障または損傷、維持・管理の不備または改造。
  • 虫食い、ねずみ食い、変質・変色・その他類似の事由。
  • 地震・津波・噴火・地殻変動・地盤沈下ならびにガス害・塩害・公害および異常電圧。
  • 盗難、置き忘れまたは紛失による場合。
  • 核燃料物質(使用済燃料を含み、以下同様とします)若しくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂成物を含みます)の放射性や爆発性、その他の有害な特性またはこれらの特性による事故。
  • 戦争・外国の武力行使・革命・政権奪取・内乱・武装反乱・その他類似の事変または暴動(群衆または多数の者の集団によって著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態)。
  • 故意・重過失による場合。
  • 修理の依頼が、本保証サービスの有効期間の終了後になされた場合。
  • 本製品が日本国外に持ち出された場合の日本国外からの修理依頼の場合。
  • 本製品の修理を依頼された際、故障内容が再現しない場合、または本保証サービスの対象外の原因による故障であることが判明した場合の修理技術費用、部品代金、物流費用、修理見積費用および諸経費。
  • 本製品がSSD等の記憶装置を構成部品としている場合は、記憶装置の不良に起因して本製品に記録されたデータが破壊された場合。
  • 当社の定める消耗品(本製品がバッテリーを構成部品としている場合は、バッテリーを含みます)の交換である場合。
  • 本製品の機能および使用の際に影響の無い損害(外観、LED表示の輝度低下を含みます)である場合。
  • 本製品の付属部品、周辺機器、アクセサリー、ソフトウェア等、本製品以外の製品の故障や相性に起因した故障または損傷である場合。
  • 本保証サービス以外の保証および保険の制度により保証される場合。
  • 差し押さえ、収用、没収、破壊等国または公共団体の公権力の行使によって生じた損害(損害が火災消防または避難に必要な処置によって生じた損害を除きます)。

第8条(間接損害等)

  1. 次の損害等については、本保証サービスの対象とならないものとし、当社はかかる損害が生じた場合でも賠償の責めを負わないものとします。
    • 本製品の故障または損傷に起因して他財物(ソフトウェアを含む)に生じた故障、若しくは損傷等の損害。
    • 本製品の故障または損傷に起因して、本製品、その他の財物が使用出来なかったことによって生じた損害。
    • 本製品の故障または損傷に起因して身体生じた傷害(傷害に起因する死亡および精神的・経済的損失を含む)。
    • 通信障害等により本製品が使用出来なかったことによって生じた損害。
  2. 本保証サービスに関連して当社が負担する損害賠償額の限度額は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為、その他請求原因の如何にかかわらず、本製品の購入金額を上限とするものとします。

第9条(遵守義務)

利用登録者が本規程の定めに違反し、当社の本保証サービス提供に対し著しい損害を与えたと当社が判断した場合、当該利用登録者は本保証サービスの有効期間内であっても本保証サービスの提供を受けられない場合があるものとします。

第10条(見解相違の場合)

故障および損害の認定などについて、当社と使用者等の間で見解の相違が生じた場合、当社は中立的な第三者の意見を求める事ができるものとします。

第11条(その他留意点)

  1. 本製品がSSD等の記憶装置を構成部品としている場合において、記憶装置に保存されているデータに関しては、本保証サービス対象外とし、データの管理等は利用登録者自身の責任において行うものとします。
  2. 当社は本規程について予告なしに変更する権利を有しているものとし、利用登録者はそれを予め承諾したものとします。

 

[2021年12月1日制定]

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています