運転指導_ユーザー

対象デバイス

SD4-LTEBU-SV750LTESTZ-DR10

 

運転指導_ユーザーとは

レポートサンプル:PDFデータ形式

一人ずつの運転傾向を確認できます。個別に安全運転の指導を行う場合や、ドライバー自身で振り返りを行う際に活用できます。具体的なフィードバック内容や危険操作発生場所が確認できるため、効果的な指導が行えます。

23-2_1.png

注意

集計結果は前日分までが対象になります。

 

フィルタ詳細

フィルター 説明
ユーザー名(必須)
  • ユーザー名を選択
期間フィルター
  • 利用頻度の高い「期間」のフィルタについて
    • 「が過去」 : 過去何日、何ヶ月と今日から過去の期間
        • 「日」「月」「年」など…当日や当月を含む
        • 「終了した日」「終了した月」など…当日や当月を含まない
    • 「が次の範囲内」 : 指定した日付の期間
    • 「が次の日である」 : 指定した日付
集計単位
  • 集計したい粒度に応じて時系列を選択
    • 選択項目:日/週/月
目標スコア
  • 目標とする診断スコアを入力
    • 入力した診断スコア以上のユーザーは安全運転、以下のユーザーは危険運転と診断

 

レポート詳細

項目 説明

23-2_2.png

総合スコア

選択したドライバーの総合スコアが表示されます。

フィルタ設定した「目標スコア」が基準値
・下回る:危険運転ドライバー
・上回る:安全運転ドライバー

23-2_3.png

コメント

ドライバーに対しての運転フィードバック

23-2_4.png

具体的な急操作発生場所

選択したドライバーの危険度の高い急操作イベントが5件表示されます。危険度は、発生時の時速やGの大きさなどから計算されます。

各点をクリックすると詳細が確認できます

23-2_5.png width=

G-force MAP診断結果

選択したドライバーの運転傾向が可視化されます。

走行中にG (重力)がかかった方向が色付けされます。
円の外側にいくほど大きなGがかかったことを表しています。
色が濃いほどGがかかった回数が多いことを表しています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています