訪問効率

対象デバイス

SD4-LTE

TS299L

BU-SV750LTE

STZ-DR10

 

訪問効率とは

レポートサンプル:PDFデータ形式

生産性を高めるためには、効率的な活動が重要です。営業車両の場合は「商談時間」・「訪問回数」。配送車両の場合は「地点別の滞在時間」を可視化することにより、課題がどこにあるのか、優先度が高い地点に訪問できいているのかなどを可視化し、改善を進めることができます。

23-5_1.png

事前準備

地点登録 が必須となります。
地点登録半径内でのエンジンオフ及びアイドリングが集計の対象となります。

注意

  • 集計結果は前日分までが対象になります。
  • 地点数が多い場合、計算処理が重くなる可能性がございます。フィルター項目で情報を絞り込んでいただくと表示スピードが高まります。

 

フィルター詳細

フィルター 説明
集計期間 利用頻度の高い選択項目

  • 「が過去」 : 過去何日、何ヶ月と今日から過去の期間
    • 「日」「月」「年」など…当日や当月を含む
    • 「終了した日」「終了した月」など…当日や当月を含まない
  • 「が次の範囲内」 : 指定した日付の期間
  • 「が次の日である」 : 指定した日付

    選択した集計期間の走行が集計されます。
日付種別
  • 集計したい粒度に応じて時系列を選択
    • 選択項目:日/週/月
滞在時間判定
  • 集計対象とする地点滞在時間の下限と上限を設定
    初期値:3〜180
    4分以上180分以内の地点滞在のみ集計されます。
ユーザーグループ
  • ユーザーグループを選択
    選択したユーザーグループの走行が集計されます。
ユーザー名
  • ユーザーを選択
    選択したユーザーグループの走行が集計されます。
地点名
  • 地点名を選択
     選択した地点付近でのエンジンオフ及びアイドリングが集計されます。
地点半径変更
  • 訪問判定する半径を設定
    設定した地点半径内でのエンジンオフ及びアイドリングがあった場合、訪問とみなします。
    未設定の場合は、[地点]に設定されている半径を反映します。

 

レポート詳細

項目 説明

23-5_2.png

合計数値

登録地点への合計訪問回数/合計滞在時間(時間)/平均滞在時間(分)が表示されます。

各項目をクリックすると、集計対象になっている登録地点への訪問/滞在の一覧が表示されます。

23-5_3.png

訪問回数/平均滞在時間(分) 推移

登録地点への訪問回数/平均滞在時間(分)の推移が表示されます。
「日付種別」フィルターから設定した単位で推移が表示されます。

各点をクリックすると集計対象になっている登録地点への訪問/滞在の一覧が表示されます。

23-5_4.png width=

ユーザー別実績

ユーザー別の走行/訪問に関する実績が表示されます。

訪問回数・合計滞在時間・平均滞在時間のいずれかをクリックすると、そのユーザーの訪問/滞在の一覧が表示されます。

23-5_5.png

訪問回数 マップ

訪問が記録された地点がマップに描画され、訪問回数が多いほど赤に近い色で表示されます。

各地点をクリックすると、地点名と訪問回数(Event VIsit)が表示され、更に数字をクリックするとその地点での訪問/滞在の一覧が表示されます。

23-5_6.png

地点別実績

地点別の訪問に関する実績が表示されます。

各数値をクリックするとその地点での訪問/滞在の一覧が表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています